04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 05

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

Posted on --/--/-- --. --:--  edit  |  tb: --  cm: -- 

第9回例大祭!!! 

例大祭お疲れ様でした!!!!

ご無沙汰です。れんです。

いやぁ、暑かった。そして熱かった。
今回は合同誌の頒布スペースでもあったので、先の記事で述べたようにかろりさんとお隣で出ました。
そしてみたびさんやあほげさんがスペースの売り子を手伝ってくれたので、大変助かりました。

配信同盟の皆さんにはこの場を借りて深く感謝を。



さて、例大祭は毎年一度きりのお祭りという事で、地方からも多くの方が集まるので、普段ツイッターやらで交流している人たちに挨拶できる絶好のチャンス!!!!


・・・だったのですが、スペースが忙しいのと恒例の大混雑でなかなかスペースから離れられず、挨拶も行けたり行けなかったり、さらには予想以上に暑かった事で頭はもうパンクしてました。何言ってたか怪しいです。

それでも挨拶に行けば快く迎え入れてくれて、新刊交換もたくさんしていただいて本当に嬉しかったです。(うちの本と交換していただくにはあまりにも頂く本が素敵過ぎて申し訳なくも・・・)


また、僕のスペースまでわざわざ挨拶に来てくれた多くの人に沢山元気をもらいました。もう感謝してもしきれません。

そして!!!今回は、あの中岡ナオキさんに、なんと!!色紙を!!!頂いちゃいました!!!!!

色紙


今このサイズにあう額縁をお店で探してます。(近くにはA4サイズしかなかった)

ほんでもってこれが!今回頂いた本の数々!!!

本





オフレポや動画を描きながら少しずつ読ませていただいてます。

次のイベント参加は紅楼夢になりそうです。あ、でも夏コミも一般で行くかもしれません。
それまではまた動画を作る作業にいそしみます。

ではでは今度は動画で会いましょう!!(6月中にあげたい

以下、今回の例大祭で「会いに行った」もしくは「会いに来てくれた」方の中で名前の把握できた方(抜けがあったらごめんなさい)

会いに来てくれた人

中岡ナオキさん
千斗さん
桜井缶さん
うすくらさん
しらばのさん
すてっかーさん
あやせきらさん
9日の名無しさん
Swingさん
茶会さん
ダテさん
やまたくさん
水京さん
CircleKさん
新見さん
ベネットさん
稲葉ラピッドさん
5656さん
まささん
えくせるさん
コンテさん
無賃乗車さん
りぷトンさん
からくりさん
ヴェルタさん
彼方さん
雪月さん
ファンタさん
ステムさん
たくぞうさん
湯気さん
坂奈さん

会いに行った人

デ作さん
やまださん
べにたまさん
アクロポリスさん
百瀬さん
ラムタイズムさん
ジョイフルさん

オフ1

悪餓鬼さん
竜一さん

オフ2

久坂んむりさん
ジャガー戦士さん
いちじさん
かめさん
アシロクさん

お馬鹿配信勢

色原みたびさん
あほげさん
グミホタルさん
かろりさん
れじにさん
なくしあさん
葱さん
月本葵さん
わきぴーさん
ベガスさん
升で飲さん
樹土風さん
おつキチさん
夏風あきさん




本当にありがとう。






余談
(正直なところ、新刊交換は先に名乗って本を渡すと新刊をせがんでいるようであれかな、とも思って、お金払ってその後名乗ろうとしても、大抵相手に気を使わせてしまって、代金返し合戦になる事が多く、どうすればいいのか悩んだ挙句、今回は基本的に先に名乗らせていただきました。よく交流のある親しい仲であれば気兼ねすることなく交換できるのでしょうが、線引きが難しい;

今の段階で僕が出した結論は、交換してくださった相手に満足いただけるよう自分の出せる力いっぱい使って、頑張って新刊を描く事で、お互いハッピーに、それでいてもっと仲良くなれればいいな。と思ってます。)
スポンサーサイト

category: 東方プレイ日記

thread: 東方プロジェクト

janre: ゲーム

Posted on 2012/05/29 Tue. 21:39  edit  |  tb: 2   cm: 10  

一時間ドローイングから学べるもの 

一ドロミスチーb
↑一時間ドローイングでのミスチー

風邪を引いて残念なGWを過ごしてます。れんです。

今年の一月からわきぴーさんの配信企画で一時間ドローイングというものがありまして。
要は決められたキャラクター(お題)に沿ってみんなで一時間で描くというものなんですが。


これ、一見みんなで仲良くお絵かきしているようにみえて、実は一時間という枠内での心の折り合いという吐血者多数の壮絶なハルマゲドンバトルが繰り広げられてるんですよ。




冗談です、仲良くやってます。



が、これ。他の人の描いた一時間での絵をたくさん見れて勉強になるんですよ。



僕は最近二つの事を発見しました。

一時間で描くという制限は、「必要最低限」かつ見栄えを重視するにあたり、大切な部分のみを重点的に描く事になるので、その人がどこに力を入れているのかとてもわかりやすく出ます。


そう、上手い人が短時間でも上手に仕上げてくるのは、この基礎的な部分「キーポイント」がしっかりと身体に染み付いているから時間によって画力に差が出ないんです。これが一つ目。



さらにもう一段階、綺麗に見せるために構図だったり線画や色塗りを「工夫」していて、このテクニックを盗むチャンスでもあります。

これが二つ目。


いずれも自分ひとりで描いていた、もしくは何時間もかけた完成品だけを見ていたのでは知りえなかった事でした。

絵はいつも一人で描く事が多いのですが、僕は皆で一緒に絵を描くのが昔から大好きでした。
なのでこの企画はとても好きで、できる限り参加させていただいてますし、今後も自身のトレーニングとしての意義も含め参加していきたいですね。




.....チクショウ...どいつもいつも圧倒的画力で心折りにきやがって・・・!!
さすがだぜ・・・(グフゥ

category: 東方絵等

Posted on 2012/05/05 Sat. 00:48  edit  |  tb: 1   cm: 2  

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。